« 9月26日の写真 | トップページ | 帯広競馬観戦記 2 »

2007年10月 2日 (火)

帯広競馬観戦記 1

今週は、名古屋競馬開催だけど、相変わらず笠松の馬は遠征してません。明後日(10月4日)の園田・姫山菊花賞にミツアキタービン様と東川騎手が遠征します。名古屋からは、ウイニングウインドナムラコロンブスが出走予定。地元の馬も強そうですが、タービン様ウイニングウインドは最悪でも掲示板は確保して欲しいなぁ。

帯広競馬へ行った日のことを何回かに分けて書こうと思います。

28日夕方の飛行機で新千歳空港へ。その日は、札幌に泊まりました。29日は、朝6時に起き、6時半出発。レンタカーで、帯広を目指しました。夕張までは高速道路が通ってます。その先は、石勝樹海ロードを通って峠越え。峠道、けっこうすごかったです。

Img_0992 日勝峠を越えた後、十勝清水ICから、道東自動車道に乗り帯広へ。

10時ちょっと前に帯広競馬場に到着しました。

これは、入り口の上にあった大きな看板です。ばんえい十勝の横には「馬の一発逆転ライブショー」と書いてありました。

 

Img_1310

駐車場の反対側に新聞売り場がありました。競馬ブック、馬、金太郎と3種あったのですが・・・JRAを買う時は、競馬ブックを愛用してるし、馬は大井で買ったことあるしなぁ。と思って、金太郎を選択。400円でした。競馬○-スより100円安いじゃない。と喜んで、よくよく新聞を見たら、パソコンで作った原稿をカラーコピー?した手作り感たっぷりな新聞でした。さらに、おすすめレースのおすすめ馬には、赤エンピツで○や△の印がついてました。^^;

Img_0820 ひとり1000円払ってプレミアムラウンジに入室。10時から入れるのですが、私達が1番のりでした。(汗)オッズ命のダンナの希望で、モニターが1番よく見える席を確保。山岸伸さんの写真展をやってました。迫力のある写真ばかりで感動しました。

Img_0821_2 Img_0822 ラウンジにはテラスがついてました。左の2枚はテラスから撮った写真です。

ナイターの時期はテラスでビールでも飲みながら競馬観戦するといいかもね。ちなみに、ラウンジに入るとウーロン茶・サッポロの缶ビール2缶ずつの引換券をもらえます。私達夫婦は、アルコール1滴も飲めないので、ビール4缶は義妹へのお土産にしました。

ダンナは、「今月は財政難だからメインレースと協賛レース(この日は3つほど協賛レースがありました。)しか馬券を買わない。」と宣言してたのに・・・何故か協賛でもない1レースから馬券を買ってました。(笑)結局、11レースまで全部のレース買ってるし。しかも、11レース中、はずしたのは2回だけ。そういえば、3年前に北海道に来た時も、WINS静内で万馬券3本とり、翌日は門別競馬場で万馬券2本とってました。北海道と相性がいいのか?それとも、ビギナーズラック?途中からは、凡人には理解し難い?「ばんえい予想法」まで確立してました。(苦笑)

1番おもしろかったのが、3レース。ダンナは、6から2と5に流してました。第2障害を越えて、6先頭2着は1か4と体勢が決したようにみえました。「ちくしょー。2と5は何やってんだよ!」と悪態ついていたら、それまでモニターの画面に写ってなかった仔が早足で歩いてきました。「あ!5じゃねぇかよ、今さら遅いんだよ!」ところが、5番のニシキオージャくん、すごい脚(サラだったら上り33秒くらいか。)で、1も4も抜かしてしまい2着確保。まさに、馬の一発逆転ライブショーでした。「あたっちゃったよ!すげぇ!ばんえい、おもしろいな。」(←かなり単純)

Img_0954 お昼は、プレミアムラウンジ限定弁当を頼みました。11時までに注文すると、12時に席まで持ってきてくれます。

1800円と1200円、2種類あり私達は1200円の十勝野弁当を食べました。とてもおいしかったです☆

まだまだ書きたいことがあるのですが、長くなったので今日はこれくらいでやめておきます。

« 9月26日の写真 | トップページ | 帯広競馬観戦記 2 »

コメント

>クロミさんへ

フクイズミ、見たかったなぁ。
岩見沢記念の日のお昼の飛行機で名古屋に
帰ったので、中継も見てないのです・・・
そういえば、フクイズミのマグカップが売ってま
したね。友達にあげるために、買って帰りました。

ばん馬の写真、最初は失敗作ばかりでした(汗)
フィルムの一眼レフカメラも、持って行けばよかった
と反省。

年末に笠松にいらっしゃるのですか!
30日までだったら、私も競馬場へ行けると思うので
お会いできるといいなぁ。

あははは・・・バッチリ中継に映っていましたか(笑)
重賞の時は厩舎で競い合っておめかしをするようですよ。
岩見沢記念のフクイズミは本当に可愛かったです。
可愛いー!という声を聞いて厩務員さんが、ニヤリと笑ってました(笑)
もちろん他の馬もおめかしして素敵でしたけど・・・。

私は携帯で撮影していますが、ばん馬を最初に撮る時、
サラブレッドとサイズが違うので戸惑いました(笑)
とにかくどでかいですもんね(笑)

年末に笠松遠征予定なので、お会いできると嬉しいです!!

>クロミさんへ

コメントありがとうございます☆
1日違いで帯広へ行っていたなんて奇遇でしたね♪

ばんえいって、生で見ると全然違いますね。
レースの迫力だけでなく、馬1頭1頭のきれいさや騎手の
かけひきとか、中継ではわからないことがたくさんあった
んだなぁ。と思いました。

1日の中継で、パドックにいるクロミさんを発見!(ニヤリ)

西騎手、写真で見るより濃い顔だな。と生で見て思って
ました。言われてみればムーディに似てる。(笑)

こんばんは!
1日違いでお会いできなくて残念でした。
ばんえいは生で見る迫力は凄いですよね。
私もすっかり夢中になっています。
西謙一騎手ってムーディに似てませんか?
私らは勝手にムーディ十勝とこっそり呼んでいます。
本人はそれ言われると怒るらしいです(笑)
いつか一緒に観戦したいですね。

>hiroさんへ

コメントありがとう☆

峠は、行きは朝だったので、景色もよくダンナも楽しく運転してましたが・・・真っ暗になった帰りは、さすがに「疲れた。」と言ってました。
高速道路だけ、私が運転してあげればよかったと反省。
hiroさん達が行った時は、霧がかかってたなんて・・・運転、すっごく大変だったというのが理解できました。

写真は、けっこう難しかったよ。
どうしたらばん馬の迫力をうつせるか?、ダンナ(←実は私よりカメラに詳しい)にも手伝ってもらい試行錯誤してました。
やはり慣れてる笠松が1番撮りやすいです。(汗)

ピンガさん おかえり♪

別館の方の 写真も楽しく見せてもらってます♪
凄い 迫力満点やわ~!
良い写真でした!! まだまだ楽しみやなぁ~。

峠は 凄かったやろ==
あの道が 真っ暗で凄い霧で怖かったんやよ。

私は 新聞はおなじみ「馬」にしました。

ばんえいの記事 この後も楽しみにしてるね~♪ 

>道営出身馬頑張れ!さんへ

コメントありがとうございます。
80年代に現役だったキンタローという馬が、ばんえい史上に残る最強馬だったそうで、新聞の名前も彼の名前からかな?と思ってます。

上手く文章が書けないので、ばんえいの魅力を伝えきれてませんが、本当に楽しかったです。
道営出身馬頑張れ!さんも、機会があったら帯広行ってみて下さいね。

帯広のばんえい競馬に行かれたのですか!

金太郎という競馬新聞。名前もユニークですか、中味も(^o^)
まさしく「馬の一発逆転ライブショー」も味わえたのですね。
お弁当も美味しそう♪
ばんえいは見たことが有りませんが、ナンカ本当に楽しそうですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 9月26日の写真 | トップページ | 帯広競馬観戦記 2 »