« 14日の結果 | トップページ | 明日はクインオブクイン出走 »

2007年12月19日 (水)

私の宝物~オフサイドトラップ編

2週続けて名古屋開催ですね。湯前くんの騎乗もなさそうなので、個人的なことを書いてしまいます。お暇な方は読んでね。

以前、名古屋所属のサンガのことで1度書いたことがあるのですが(こちら)、私が1番好きな馬はオフサイドトラップです。

彼は、競走生活最後の年(旧8歳)重賞を3連勝しました。最初の七夕賞の日は、仕事だったので友達に馬券頼んだだけで、中継も見れませんでした。

次の新潟記念。私は、WINS状態の東京競馬場へ友達と行きました。早々に、彼の単・複・馬連総流し馬券を買い、発走時間まで床に座って待ってました。しかし・・・いざ、発走となると、怖くてモニターを見ることもできず、実況も聞こえないよう耳をふさいでました。(あやしい人ですね。)彼が重度の屈腱炎を抱えて走ってたということもあるのですが、心の底から好きだった馬だし1番人気だったので、自分が走るような気持ちになってレースを正視できなかったのかも。みなさんは、好きな馬のレースでそんなことはありませんか?^^;

そのくせ、レースぶりと結果は気になり、そばで立ってモニターを見てる友達に「もう、終わった?」など、しつこく聞いて、友達をあきれさせました。(苦笑)オフサイドトラップは1番人気で、たしか2着も人気のある仔が来たので、馬連総流しは大トリガミでしたが、勝ったのはうれしかったなぁ。

Pict0168 そして、天皇賞・秋。当日、彼の半弟ワールドカップ(父アンバーシャダイ)が南武特別というレースに出走していたので、そのレースの時間にあわせて東京競馬場へ行きました。競馬場は、ものすごい混雑。ちょうど名古屋競馬のJBCの日くらいだったかも。ほとんどの人がサイレンススズカがどんなタイムで勝つのか?を見に来てるのだろうなぁ。と思いつつ、またオフサイドトラップの単・複・馬連総流しを購入。(当然、換金したので写真はコピーです)自分の直前で買ってた人の馬券がたまたま見えてしまったのですが、その人は、サイレンススズカからオフサイドトラップとステイゴールドへ馬連流しで5万ずつでした。「あ、オフサイドの馬券買ってくれてる!しかも5万もっ!」とうれしくなったものです。

当然パドックも混雑が凄くて、近くにいくことは不可能でした。でも、遠くから彼の栗色の背中を見れただけでも満足。レースまで見たら、緊張と混雑のあまり具合悪くなりそうだったので、馬場へ向かう馬たちを見送り競馬場を後にしました。

まさかサイレンススズカに勝てるとは思ってなかったので、新潟記念とは違い帰りの車の中で実況を聴くことはできました(笑)ところが・・・サイレンススズカが故障発生し、「オフサイドトラップ先頭!」の声を聞いて、(危ないので)とっさに路肩に車を止めましたよ。

Pict0163 Pict0165 ・・・ついに勝っちゃったよ、G1を!!が、正直な感想でした。写真は、翌日買いまくった新聞、Gallop、競馬ブックの切り抜きとGallopに注文して送ってもらったパネルです。今でも大切な宝物です。

Pict0164 興奮のあまり「本当によかったねっ!」みたいな内容のオフサイドトラップに宛てた暑苦しい?ファンレターまで、送ってしまった私。・・・ファンレターを送ったことすら忘れたある日。仕事から家に戻ると、妹に「ねーちゃん、馬から手紙がきてるよ。」と言われました。「馬から手紙?」妹(バカにした口調で)「いつも、あんたが好きだ、好きだと騒いでる馬からだよ。」

自分の部屋に行くと、確かに差出人のところに「オフサイドトラップ」とのみ書いた封筒が。中身を開けると、馬主さんが配ったと思われる天皇賞優勝記念のテレカセット(↑の写真)がっ!!!ひっくり返りそうになるくらい、驚いたよ。こんな貴重な物、自分がもらってよいのだろうか。テレカだけ入っていて手紙などは入っていなかったのですが、たぶん厩務員さんが送ってくれたのだと思います。(涙)

Offside1 当時の優駿に記事が載っていたのですが、管理していた調教師さんは彼が最後の休養(7歳時)をしている時に「引退したら乗馬として使ってくれないか。気性も素直だし、馬格もあるのでいい乗馬になるよ。」とあちこちに声をかけていたそうです。

しかし、あの天皇賞を勝ったことで彼は3年ほど種牡馬をやった後、日高ケンタッキーファームで余生を過ごしてます。写真は、日高ケンタッキーファームに移動直後に会いに行った時に撮らせていただきました。2年連続で彼に会いに行ったのですが、幸せそうに暮らしてました。また会いに行きたいなぁ。。。

話は変わるのですが、昨日、こちらに注文していた馬のカレンダーが届きました。「こういう風に撮るのか!」と参考になる素敵な写真ばかりでした。送料込みで500円は安かったかも。ちなみに、昔、笠松で走っていたハリマブライトという名前の牝馬の写真も入ってました。

« 14日の結果 | トップページ | 明日はクインオブクイン出走 »

コメント

>マンダレーさん、コメントありがとうございます!

>本当に胸が張り裂けそうな感じとでも言うのでしょうか
そう、私の拙い文章力では、表現できませんでしたが、正に
そういう感じですっ!
マンダレーさんもゾーンのレースの時は、ドキドキしてる
んですね。

>その道の専門家が細心の注意を払って仕上げてるのに
心配する必要はないのは頭では理解できてるんですが。
でも「無事に走って!」と願ってしまいますよね。

もうすぐ、兵庫ゴールドトロフィーですね。
キングスゾーンの実力を出しきってくれるよう祈ってます!

>hiroさん、コメントありがとう♪

hiroさんなら「レースを見てられない。」という気持ち
わかってくれると思ったよ。
クインちゃん、ペッパー、引退したイエロージャケット
ちゃん、みんな大好きだけど、レースはちゃんと見れる
なぁ。
やはり、彼だけ自分にとって特別な馬だったのかもしれ
ません。

天皇賞の後の有馬記念。それがトラップくんの引退レース
でした。
見に行きたかったのはやまやまでしたが、直前に長いこと
闘病中だった父親が亡くなり、当日はなんとお通夜だった
のです・・・
葬儀場から新潟記念を一緒にみた友達に電話をして、馬券
を買ってもらいました。
家族に怒られましたが。父親はG1レースの予想を一緒に
したり競馬に理解があった(?)ので許してくれてたと勝
手に思ってます。

>みきぽんさん、コメントありがとう☆

勢い余ってファンレターを書いてしまうなんて、あの頃は
若かったなぁ。(笑)
オフサイドトラップくんはきれいな栗毛でした。
エプソムC(トラップくん2着)というレースで「あんた
さえいなければ、トラップが初重賞制覇だったんだよ!」
と悪態をついた馬が、ペッパーのお父さん・キングオブ
ダイヤです。
「トラップよりキレイな栗毛じゃん!(ペッパーと同じ金髪
だったのよ)それも悔しい!」とも思ってました・・・
10年後には、彼の子供のストーカーになってるなんて我な
がらおもしろいです。

カレンダー、HPに紹介されてない月の写真が私的には1番
よかったです(汗)


ピンガさん、こんばんは
とってもいい話ですね。

『応援しているが故にレースを正視できない…』

これ、すごくわかります!
私も最近、キングスゾーンのレース前日~当日発走直前までの心境は、
上手く表現できませんが、本当に胸が張り裂けそうな感じ
とでも言うのでしょうか、なんとも言えない不安な気持ちになります。

その道の専門家が細心の注意を払って仕上げてるのに
私のような素人が心配するのは変だな~と思うのですが、
スタートの瞬間までは無事に走って!ということを祈っています。
でも走り出すと『頑張れ!』という気持ちで一杯になります。

良い話しやわ~泣けた!
いつも冷静沈着なピンガさん。
でも お馬さんへの愛情も一杯なのを知っているので意外ではない。

私の事はご存じのように。今も「こわっ!こわ~!」って言ってるけど。
随分と これでも落ち着いてレースを見れる様になりました^^;
それは 以前クインさんの遠征の応援に行く途中に。ピンガさんがメールをくれました。「応援も大変だけど 競馬を楽しんで来てね」って。めっちゃ緊張した時に いつも思いだす言葉です♪

ピンガさん、こんばんは~♪
いい話だなぁ~大好きな馬をひたすら応援する気持ち解りますよ!!
お馬にファンレターを書いたピンガさん・・・
そういう所 好きだわぁ~♪
大好きな彼も栗毛だったんだぁ~!!!
だからペッパーのストーカーに・・・ぷぷ(* ̄m ̄)o))

私もカレンダー買おうかなぁ~??
いい写真だし、お馬たちが可愛いし♪

この記事へのコメントは終了しました。

« 14日の結果 | トップページ | 明日はクインオブクイン出走 »